■プロフィール■

5歳でピアノを母に、8歳でバイオリンを父に師事し、16歳でエレキギターを手にする。 自己のバンドを組んで活動する傍ら武蔵野音楽学院にてエレキギターを清水義文氏に師事、ジャズフュージョンの影響を受ける。 その後クラシックギターを鈴木憲一郎氏に師事し、ガットギターの魅力にはまる。 1993年アップル音楽学院で講師活動を開始してから、専門学校東京ミュージック&メディアアーツ尚美、上福岡音楽スタジオ、 ヤマノミュージックサロン柏、今も務めるテルイショウGUITAR SCHOOLヤマハユニスタイル所沢などでのべ200人以上の生徒を指導。 映画館のCMソングなどを手懸ける作編曲家、ギタリスト、ギター講師、東京都公認ストリートミュージシャン『ヘブンアーティスト』 として活躍する最中、2011年後半に音楽家の職業病でもあるフォーカルジストニアを発症。 自分の意思に反して右手親指が内側に折れ曲がる症状で、その後演奏を続けるも悪化し活動を休止。 2014年6月定位脳手術をうける。局所麻酔を打ち頭蓋骨に穴を開け手術中にギターを弾き、 邪魔している神経を焼くというもの。その後リハビリの甲斐あって回復、2016年4月復活ライブを行い演奏活動に復帰。 ●モリダイラ楽器主催フィンガーピッキングコンテストにて全国決勝大会7年連続出場、2011年楽曲賞受賞。 ●ヤマハ音楽振興会認定講師。 ●CD 藍色の空と月(2005.4)、penguin blue / feliz pepinos(2006.7)、ひこうき雲(2008.8)、ヒカリのむこうへ(2011.2)  4枚のオリジナルアルバムを発表。  IZM WILL NEVER DIE / MINORITY BOYS(ZEEBRA、LISA、KREVA、LOS KALIBRES他)(2008.1)、あなたがいたから / 舞子(2009.12)  2枚のアルバムにギター、編曲などで参加。 ●著書 『初心者のブルース・ギター/かんたんマスター』 リズムエコーズ社(2002.12) 2004年9月 シンコーミュージック『アコースティックギターインストの誘惑』にて若手実力派ギタリストとして紹介される。 2004年12月 環境問題のCMソングを製作。映画館にて上映される。 2005年5月 渋谷のイタリアンレストラン『cento anni』にて4年間レギュラー演奏を勤める。 2005年5年、06年10月 かわさきFM、FMさがみ、FM茶笛『ラフミックス』に出演。自作曲がオンエアされる。 2005年9月 東京都公認ストリートミュージシャン、ヘブンアーティストに認定される。 2005年9月、06年10月 自己のユニット『feliz pepinos』でFM浜松に出演。生演奏が放送される。 2006年8月 MXテレビ『Tokyo Boy』音楽祭スペシャルに出演。書き下ろしオリジナルソングを演奏。 2007年12月 MUSIC STYLE12月号に記事が掲載される。 2008年2月 渋谷のHMVにてインストアライブに出演。 2009年9月 テレビ東京『いい旅夢気分』、BSジャパン『にっぽん原風景紀行』にて自作曲がオンエアされる。 2010年5月 FMサルースのTopics(12時-15時)毎週火曜日自作曲がBGMとしてオンエア。 2011年11月 フジテレビ系列北海道文化放送『輝く言葉小さな詩人たち〜児童詞誌〈サイロ〉の50年〜』の番宣で       自作曲『赤い月黒い海』『バースデーソング』がオンエア。 2011年後半 音楽家の職業病でもあるジストニアを発症。13年から演奏活動休止。 2014年6月 定位脳手術をうける。 2016年4月 4年ぶりに曙橋GAILLARDにて復活ライブを行ない、演奏活動復帰を果たす。 ●MySpaceは コチラ ●mixiは コチラ (テルショウ) ●mixi『テルイショウ』コミュニティは コチラ ●twitterはコチラ(tellmeshowme) ●facebookはコチラ(テルイショウ)